新城の家
2017年6月に竣工しました「新城の家」 9坪満たない狭小地に30代の若い夫婦が込めた夢を具現化した一つの解。 角地の特性を活かしたファサードは外部環境から位置関係を丁寧に読み解き、適材適所、厳選して開け放った窓としてある。 狭小住宅でも、夫婦の夢であった屋上を実現し、小さくとも家族だけの特別な空を手に入れた。 設計監理:イッカ建築設計事務所/西野一義+稲田菜穂子 構造設計:株式会社ストローグ一級建築士事務所 施  工:ワイエム工業株式会社 撮  影:畑拓
新城の家
新城の家 Photo by 畑拓

Houzz で見る